Previous/Ichiro 高岩仁氏
笠井一朗200804追悼文高岩仁さんへ
訃報200801291246高岩仁さん亡くなる
ゴルゴ3020060709レビュー戦争案内
高岩仁20040315高岩仁さんからの手紙
笠井一朗20030930「高岩仁さんを囲む会」に出席して

訃報200801291246高岩仁さん亡くなる

芹沢昇雄20080130撫順の奇蹟を受け継ぐML

埼玉の芹沢です。

お気づきの通り今朝の「訃報欄」に、昨日午後、高岩仁・監督が亡くなられた記事が載っていました。体調を崩されていた事はお聞きしていましたが、再起できませんでした。まだ72歳、平和を求め数々の作品を作り「受け継ぐ会」でもお世話になり、感謝と共にご冥福をお祈りします!

英治20080130平和を愛するみなさんへ

悲しいお知らせです。ガンと闘い、反戦平和を訴え続けてこられた高岩仁(たかいわじん)さん(映画監督、映像文化協会代表、72歳。福岡市出身)が、1月29日午後0時46分、肝細胞がんのため横浜市青葉区の病院でなくなられました。

「教えられなかった戦争編」シリーズで歴史を掘り起こし、日本国が何のために戦争を始め、何を犯してきたか、史実、証言、映像を通じて私たちに多くのことを教えてくれました。高岩さんの映像・講演、「沖縄カレンダー」などを通して軍事力・戦争では真の平和はつくれない。非武装・不戦こそ平和への大道であることを学びと取った人は沢山いるとおもいます。98年の「教えられなかった戦争・沖縄編」が同年度のキネマ旬報ベストテンで文化映画の1位に選ばれたことは。その証左だと確信します。

「お別れの会」などの日程は次の通りです。

合掌 英治

受け継ぐ神奈川支部20080130「高岩監督」のご冥福をお祈ります!

神奈川支部の松山です。本当に残念です。2月2日に予定していた映画会は高岩さんの追悼の意を込めて、予定通りに実行することが実行委員会から連絡がありました。

昨年12月に「戦争映画」の上映会を聞きまして受け継ぐ会神奈川支部としても協力する旨を実行委員会、および高岩さんに伝えて14日の小山さんの証言集会でも協力を呼びかけてきました。両者からも受け継ぐ会の協力に感謝するとの返事をいただいていました。映画会はぜひ成功させたいと思います。高岩さんのトークも期待していましが、残念です。

下記、予定通り開催します。

映像文化協会 高岩仁監督「教えられなかった戦争・朝鮮編」制作支援「戦争案内」チャリティ上映

2008年 2月2日(土) 午後6時30分開映

高岩監督来場、ティーチ・イン

本上映会の収益は「教えられなかった戦争」シリーズ第6作<朝鮮編>制作費として、映像文化協会へカンパさせていただきます。

場所:男女共同参画センター横浜(戸塚駅西口7分)

特別鑑賞料 700円

「教えられなかった戦争・朝鮮編」制作実行委員会

℡050-1103-5959  E-mail eizobunkafan@yahoo.co.jp

受け継ぐ神奈川支部20080203「戦争案内」上映会開催

昨日、高岩仁監督の「戦争案内」の上映会が横浜・戸塚の男女参画センターで、予定度通り開催されました。100名を越える参加者が、改めて高岩監督を偲びつつ鑑賞しました。「高岩仁監督来場、ティーチイン予定!」とチラシに書いてあって、参加者はみんな期待していたところですが、それはかないませんでした。映画終了後、29日に亡くなられた高岩さんに全員で黙祷を捧げました。その後上映実行委員会代表から、高岩監督の「これまで手がけた仕事」として監督作品の紹介と最後にブックレット「戦争案内」の一節の紹介がありました。以下、その一節を報告します。

「現代の戦争を防止する究極の方法は、資本主義という社会のシステムを変えるしかないと私は思います。つまり経済のシステムを変えることです。物を人に造らせて金儲けをして経済発展をするというシステムをやめて、皆んなで何をどれだけ造ったらよいのか考えて、 皆んなが自分の能力に応じて労働して、できあがった物を皆んなで平等に分け合うという社会システムにすれば、戦争を起こす根本的原因を完全に取り除くことができると思います。」と。

神奈川支部も実行委員会に協力して、受付、案内などの役割を受け持ちました。受け継ぐ会会員も遠くは杉並からも参加していただきました。明日は11時から、高岩さんのお別れ会です。  黙祷。

受け継ぐ神奈川支部20080204高岩仁さんのお別れ会

神奈川支部の松山です。本日、去る29日に肝細胞癌で亡くなられた高岩仁監督のお別れ会が横浜市北部斎場でしめやかにいとなわれました。たくさんの花に囲まれた高岩さんは本当に艶やかなお顔でした。

参列者は恐らく200人は越えていることでしょう。誰もが知っている有名人、俳優、国会議員之姿も見えました。しかし何より高岩さんの人柄にふれて集まってきた人たちの気持ちが一つになったお別れの会でした。宗教色は一切なく、高岩さんを心から称え、心から送る言葉が添えられました。「お焼香」ではなくみんなで献花をしてお別れをしました。中帰連記念館の花輪も添えられていました。

「高岩さんの愛唱歌をみんなで歌いましょう」と世話人の方から呼びかけられて歌った歌はインターナショナルでした。2回歌いました。一回目は親族の皆さんが最後のお別れをして、出棺の準備をしているときに外のロビーで歌いました。もう一度は、いよいよ出棺となってロビーを通られ、火葬場に見送りしながら歌いました。「インターナショナル」の歌声があの広い北部斎場に響き渡りました。高岩さんに相応しいお別れの会でした。

野村2008020472才-高岩仁監督逝く

野村です。人は逝く。教えられなかった戦争シリーズを戦争の因果関係を踏まえて撮り続けた監督、高岩さんが亡くなり、4日青葉台で葬儀が営まれました。私も参加してきました。無宗教、和太鼓の合奏のみでとりおこなわれた儀には、多くの参列者が献花をするために並びました。

高岩さんは、シリーズ朝鮮編を撮ろうとして資料をベッドの周りに山としておられたそうでした。2年前、病が発見され余命3ヶ月の宣告をされてからの闘病、志を貫徹しようと奮い立った執念が、幾ばくかいい方で作用したのでしょうけれど、一人の戦士が力尽きてたおれました。

社民党やらの議員、檀ふみさん、きくちゆみさん、何人かの作家たちも来られていました。つややかで、ふっくらしたお顔、まるで大仏さまようになられてインターナショナルの合唱の中を送られてゆきました。『戦争案内』、戦争の根源を明らかにした数々のドキュメンタリー映画、有難うございました。合掌。


ゴルゴ3020060709レビュー戦争案内

戦争の悲惨さを描いた本はたくさんありますが、これは戦争の原因を書いた数少ない書籍の一つです。戦争を必要としたのは誰か。社会科教員と小学校の先生に最適。授業のよい種本になります。具体的な資料と監督の体験が載っているので説得力がある。内容のほんの一部を紹介しましょう。

日清(侵略)戦争のための軍備増強には増税が必要であった。ところが時の首相山県有朋は増税案を国会で否決されてしまった。そこで反対派議員に多額の金を与えて買収しました。その資金を提供したのは明治天皇です。当時のお金で98万円。都心に家一軒が千円で買えた時代です。今の額にすれば100億円以上でしょう。なぜ天皇はこんな大金を出したのか。臣民のためを思ってか。歴史は明らかです。戦争に勝った日本は清国から賠償金2億両(テール)・3億5000万円を取ります。このうちの2000万円を天皇がもらいました。98万の出資で2000万!

まだある。勝った日本は台湾を植民地にしますが、台湾の最大産業である製糖を三井物産が独占的に経営します。そして天皇は台湾製糖業の第2位の株主になりました。株の配当は10年後に12%、20年後には100%になっています。日清戦争で大陸の人も日本人も多くの人々が犠牲になった。また台湾の人は植民地にされ、すべての産業を支配され、資源を奪われ、自由を拘束された。戦争は正義のためにするのでは決してない。支配者と資本家が儲けるためにするのです。他人の命を犠牲にしてまで。国民を守るためではない。

日露戦争後に今度は朝鮮を植民地にしました。植民地支配の動脈であった京釜鉄道の株主第1位は明治天皇で5000株。朝鮮皇室が2位で2000株。3位以下は三井・三菱・第一銀行(渋沢栄一)などが1000株。さらにその下に住友・明治生命・安田銀行、足尾銅山の古河市兵衛などが続いている。

天皇が保有していた株は他にもたくさんあります。侵略戦争に関わっている企業や、戦争の結果獲得した植民地支配関連企業のがそのほとんどです。日本銀行はじめ他の銀行、運輸業、帝国ホテル。電気、ガス。つまり日本が侵略戦争をして植民地を増やせば天皇は巨大な利益を着実に得る仕組みになっていた。幕末の天皇家は豆腐屋の支払いにも困っていたのに、明治になってから雪だるま式に資産を増やし、1945年の降伏時には当時のお金で660億円にもなっていた。どれだけの人間がその犠牲になったか。


高岩仁20040315高岩仁さんからの手紙

お変わりございませんでしょうか。われわれの作品の普及のため多大なお世話になっておきながら、日々の活動で、お忙しいときにこのようなお手紙を差し上げることをお許し下さい。

他国を武力侵略する方向に突き進む今の日本の進路に、楔を打ち込む方法として、これは有効ではないかと思われますので、そのためにお力を出していただきたくお手紙を書いております。

私たちは、この15年、日本が明治以来アジアを侵略して、それを梃に経済を発展させてきた実態と、その仕組みを追究して作品化して参りました。そして戦後も、その仕組みのまま再びアジアを侵略して、日本だけがずば抜けた経済大国にのし上がっていることを暴露して参りました。

その間、アジア太平洋戦争ではアジアの人々を2千万人以上殺し、資源や財産を奪い、植民地化によって自由も人権も奪い、日本人も3百万人以上の人々が犠牲になりました。戦後も他国の軍事力を使うことで、多くの難民を発生させ、命まで奪い続けていました。

以上のことを、作品上映などを通じて多くの方々に伝え続けて参りました。そして、作品を見て下さった方々から度々『わたしたちは今、何をすべきなのでしょうか』と、問われました。私は『とにかく、真実を知るための勉強をして下さい。そしてこの真実を広めて下さい。そうすれば自ずから解決の方法は開けてくるはずですから。』と答えるしかありませんでした。

そして今、再び日本が武力侵略を始めてしまいました。勉強してるだけでは間に合わない。その時に、『平和憲法を守る、参議院選挙のための共同候補擁立』の運動が始まっていることを知りました。沖縄ではすでに共同候補擁立が決定していました。さすが沖縄です。東京、兵庫、大阪でもそれにつづく運動が始められています。この運動を全国に広めて、全国で共同候補擁立を、成功させることができれば、今まで『何をやっても駄目だ』と無力感から投票しなかった多くの人々が、動き始めるのではないか! そうすれば、全国各地で、武力侵略を推進する政党を打ち倒して、平和のための共同候補が勝利するに違いないと確信しました。

ただこの事だけで日本の平和が守れるとは思いません。この運動をきっかけにして、労働運動や市民運動、女性運動、学生運動、文化人、そして平和を守る政党などが、60年安保闘争のとき、岸内閣を倒し、軍事大国化の策動を阻止したような運動を作り上げていかなければならないと思います。しかし今、この共同候補擁立の運動が成功すれば、取り敢えず武力侵略の方向を阻止することはできるはずです。

私は今、6百人の方々にこのお手紙を出そうとしています。この趣旨に賛成して下さるならば、あなた自身でまたこの運動を広めていくための一歩を踏み出して下さい。

日系多国籍企業のため踏み付けにされ、人権も資源も生活も奪われている多くのアジアの人々が、きっと私たちの動きを固唾を飲んで見守っていると思います。アジアの人々、世界の人々と手を携えて、限りある地球の資源を大事にしながら、環境を守り、平等で平和な世界を築き上げるために、お力を!

2004年3月15日

映像文化協会代表 高岩仁